「日常」カテゴリーアーカイブ

見えない訪問者にワクワクしてしまった

仕事場で不可思議現象が収まったかなぁ?と考えていた木曜日。
徹夜明けで昼過ぎから横になっていました。

いつもは遮光カーテンだけ閉めて薄暗くして寝るんですが、その日はなぜか寝付かれない気がして雨戸を閉めて真っ暗な部屋で寝る事にしました。

その後、天気予報通り空模様が荒れ、眠りが浅くなった時に雨が降ってるんだなぁと感じる瞬間が何度かありました。

そのまま寝ていたのですが、天気の崩れは雷を呼び、空でゴロゴロ雷鳴が聞こえてくるようになり「雨と雷かぁ。出かける時は止んで欲しいなぁ」などと思いながら寝ていました。

しばらくしたら、ピンポーンと呼び鈴が鳴りました。

来客が判っていない場合、寝ている時はいつも居留守でスルーしているので、そのまま寝ていると、またピンポーンと2回めの呼び鈴。

「宅配なら不在票入れてくれればいいのに」と思いながら、玄関のドアスコープを見ようと、とりあえず玄関まで静かに移動・・

玄関ドアの向こうには誰か居るような感じがしなかったので、「帰ったのかな?」と思ってドアスコープを見ましたがやっぱり誰もいない。

ドアを開けて外を見ようと思いましたが、心霊ビデオの定番では、ドアや窓を開けて外を確認した後、部屋に戻ると後ろに着いていたり、部屋の中に変なものがいるというパターンがあるので、ドアを開けずに華麗にスルー。

また寝ました。

とりあえず、自分では霊感無いと思って生きてきたので、余計なことはしたくないのですが、こうなってくるとナイトモード搭載のビデオカメラと手ブレ防止のスタビライザーとか欲しくなりますね。

不思議な話を一つ・・・

霊感・・・とか、自分には無いと思っていたのですが、最近起こった不思議な体験をひとつ。

仕事帰り、足元を半透明な猫?の下半身が横切って左の小道に入って行ったので「な?何だ?」ととっさに左の道を見たら

お墓の横にこれまた半透明の人型が浮いていた・・・・

すぐに消えたので、気にはしていなかったのですが、実はこれがお祓いに行く理由となりました。

詳しい現象は説明できないのですが、お祓いで一件落着したのに、後日気になってしまい、その場所を昼と夜、スマホで写真に撮って、データをパソコンの画面で調べました。

当然、心霊写真などとは関係なかったのですが、その夜から二日間、原因不明のめまいと吐き気で寝込みました。

本当にベッドから起きられない。トイレも這って行く状態・・・

焦りました・・・

写真を撮る前の週、財布につけていた自分の干支の厄除けお守りを無くしてしまい、寝込みながら「もしやコレが何かの遠因か?」と思い寝込んでから3日目に頑張って氏神様まで出かけ、お清めの塩を頂き、家に戻ってきました。

塩をつまんでちょっと舐めたらやっぱり塩っぱかった。

で、盛り塩して玄関に戻ったら不思議な事がありました。

なんと、無くした干支の厄除けお守りが、玄関に置いてあったのです。

「え?何で?無くしてから何日も経ってるのに!」

不思議でした。

これからは安易にお墓とか写真に撮るものじゃないなと、感じた出来事でした。