Wikipediaに初めて寄付をしてみた!

いつも利用させていただいてます・・・
Wikipedia

今回、記事を書くことになって練習ページを使ってみた。
先に英文のページを作る事になっていて、どうやるのか分からないからsandboxというところに英文を貼り付けてみた。

なんか変・・・

ヘルプを参照して「編集」画面を見たりなんとなく形が整ったところで「ユーザーページ状態」で公開した。
で、検索してみたけど何も出ないので「どうするのかなぁ?」と思っていたらメッセージ欄に何か表示されている。
「こちらは日本語版だから英語は英語版のwikiに書いてね」みたいな事が・・・

言語設定で「英語」と「日本語」があったから「英語」に切り替えて使ったけどダメらしい。
英語版のURLは「https://en.wikipedia.org」で、日本語版は「https://ja.wikipedia.org」となっていた。

というわけで、英語版の練習ページに行って整形済みのテキストを貼り付けて公開してみたけどユーザーページから出ない。
しかも、日本語版の練習ページは自動で一部が翻訳されていてなんか変・・・

sandboxという練習ページは毎0時に削除されるらしいのでクリアされたらまた編集してみようと思う。

で、寄付寄付と毎回表示されていながら無視していたけど、初めて1000円ほど寄付させていただきました。

PeyPal使ったので、クレカ情報とかは大丈夫だと思う。

amazonのスーパーセールで散財してしまった・・・

2月1日から3日までのAmazonスーパーセール。
モバイルバッテリーの大容量が欲しかった。なにげにチェックしていたら25000mahの良品があったので買ってしまった。
「USB出力ポート(1A+2.1A+2.1A) LCD残量表示」

以前買った「Anker PowerCore Fusion 5000」は大変重宝しているので、メインはこちらを使っておけば大丈夫だと思う。

自然災害は、いつ起こるかわからないので、こう・・・なんか地震とか停電災害でピンチになったときの保険は必要。

そう思ったら、別の不安な気持ちが出てきて「真っ暗だと困るなぁ」そうだ、ライトを買っておこうと探してしまった。
「LED 充電式 30W 投光器 ポータブル作業灯」


単三電池4本で使えるし、USBからの充電でも使えた。2個あれば、リレーで暗闇も安心。
動画撮影にも使えそう。

あと、吊るしの明かりも欲しくてランタンを買った。
「高輝度500ルーメン LED懐中電灯 キャンプ 携帯型 cobランタン」


単三電池3本で使用できるCOBランタン。2個セットなので、これもリレー式で使えると思う。

あと、前から欲しかったタブレット。
Androidのタブレット探していたら、Amazon Fire HDにgoogleアプリを入れることが出来ると知って8インチのタブレットを買ってしまった。


これに、3年保険と64gbのSDカード。純正カバーと保護フィルム・・・
合計で2万円超えてしまったけど、ちゃんと使って元を取りたいと思う。

そして、今回本当の衝動買い商品はこちら・・・・
電動小型ミシン


え~・・・何と言うか、革細工をやってみたくて壊れても惜しくないミシンを買ってみました。
裾上げとかも出来るしね(はたしてやるだろうか?)
いつ、箱を開けるのか自分でも予想が付かないという買い物でした。

気軽に気楽に気兼ねなくみたいな感じです