「ジンバル」タグアーカイブ

なんと、ソニーコンデジDSC-WX350が3軸ジンバルSmooth-Cに付いてしまった。


これですよ・・・

DSC-WX350・・・軽いと思っていたけど、まさかダイレクトにジンバルのスマホアダプターで挟めるとは思わなかった。

ただ、スマホアダプターで挟んでるので手動でズームとかの操作が出来ない。
遠隔操作アプリ「PlayMemories Mobile」を使うとズームや撮影が可能。
とりあえず、テスト動画を撮ってみた。

田無神社にお参りに行ってきた本当の理由を書いておくことにする。

昨日、アマゾンから電動マッサージ器が届いて、早速使ったら超気持ちよかった。
検索したら1000円ちょっとで評価の良いマッサージ機が買えるので即注文した。

痛みの場所は右の背中、肩甲骨の左側。
先月から痛み出し、100均の「Jの字」にカーブした肩こりほぐしを使ってぎゅうぎゅう押したり、湿布やフェイタス塗ったりしても一向に改善しないので、これで改善すると嬉しい。

(皮膚のかぶれやすい俺でも安心して塗れるし、よく効くのでバンテリンよりスグレモノ)

さて、ちょっと前、夜に自転車で田無神社にお参りに行った。
その後、6月14日には日中お参りに行って来たんだけど、忘備録として理由を書いておくことにする。

詳しく書くと、職務規定に反するので具体名は書かない。
今、関係している仕事場の幽霊の「おそらくの理由」を知って以降、(そういうことだったのかぁ)と納得していた。
また、「それ以降」もちょくちょく見かけたり、(うわっ!)と思うような気配を感じていたが、全て無視するようにしていた。

しかし、5月30日の深夜2時40分頃、2FフロアのPCで商品コード検索していたら「コツン、コロココロ」と自分の左側で、コンクリートむき出しの床に何かが落ちて転がる音がした。
フロアには、自分ひとりで画面を見ていたから音のする場所をワンテンポ遅れて見たけど、何も変化はない。
いつもならスルーしてしまうけど、何故かその時は歩いて音が発生した「何か」を探してしまった。

(この辺が音の発生源と思うんだが・・・)と少し暗い床を探したら、音源があった。
赤いサインペン。あの、ベストセラー型の、誰もが知ってる赤いサインペンが落ちていた。
なぜ、それが落ちていたか判ったのは、キャップに黒いつづり紐のちぎれた一部分が付いていたから。

そのサインペンは、アルバイトの皆さんたちが勤務中私物を入れるロッカーに一時使用のネームタグを付ける時に使っているもので、ロッカーの横につづり紐を使ってセロテープで止めているものだった。

つづり紐は、文字通り書類を2穴に通してちょうちょ結びで結える紐。
超、丈夫な紐で、よっぽど擦り切れて細くならない限り、切れることは無い。

サインペンをつまみ上げて、キャップに付いたつづり紐を見て、元の場所のロッカー横を見た時ゾクッとなった。
紐が太くて、たまたま切れる要素の無いくらい新しかった。
しかも、紐の残りはセロテープで貼られてぶら下がっている。
一応、指でつまんで切れた端を見たらボサボサにちぎれた感じだった・・・

キャップにもセロテープ止めの紐が残り、ロッカーにもセロテープ止めの紐が残っているということは、紐の中間で何かの力によってブチッとちぎられたってこと・・・

(わー・・・やなもん見ちゃったなぁ・・・)なんて思って、サインペンは棚の上に置いた。
その後、上司にあたる人が来たので、「いやぁ~、久々に心霊現象ですよぉ」なんて笑いながら説明した。
「今度○○さんにも話してあげないと、結構喜びそう~」とも付け加えてしまった。

しかし、実際はそんな事も忘れていて、(なんか背中痛いなぁ~・・なんだろうなぁ?陽気のせいかなぁ?寝違えたかなぁ?)と呑気にしていたのです。

まぁ、この記事を書いたのも、昨夜、夜の街の動画撮りに行こうかなぁと思って準備していたら、コンデジも、iPhoneもXperiaも4Kアクションカメラも全て電池残量「ゼロ」という偶然に出くわして、(これは何かあるな)と忘備録を書いておこうと思っただけなんですけどね。
Xperiaもアクションカメラもジンバルも予備電池あるけど、iPhoneとコンデジが充電完了しなかったので深夜動画は撮りに行かなかった。
とりとめのない忘備録記事でした。