「ビットコイン」タグアーカイブ

来月8月に仮想通貨マイニングを伴うオンラインゲーム「HecatonCave(ヘカントケイブ)」がリリースされる?らしい。なお、正式サービスは12月の模様。

ゲーム内ガチャを使わない無課金ゲームらしいのだが・・・来月リリース予定。
まだ全容がハッキリしない。

ゲーム内の課金要素や広告表示を一切無くし、マイニング報酬のみで収益を上げることを実現するゲームタイトルを今夏リリース予定です。
一般的なソーシャルゲームなどでは課金で入手するゲーム内のアイテムを、マイニング報酬により入手することが可能になる、全く新しいゲームコンセプトで設計されています。
ファンタジーとスチームパンクが融合した特別な世界観で繰り広げられる、“シンプルだけどハマる”戦略的バトルRPGです。ぜひ続報にご期待ください。

マイニングは、ビットコインで有名になったブロックチェーン技術を使ってデータを編算してゆく技術。
少し前に、ウェブサイトにアクセスしてきた他人のパソコンCPUパワーを利用してマイニングするソフトを使っていたエンジニアが起訴されて裁判中だったかな?

HecatonCave(ヘカントケイブ)は、ゲームプレイ中、もしくはログイン中、もしくはアクセス中にユーザー許可を得てパソコンCPUを利用してマイニングするらしい。
アイテムはマイニング報酬なのかもしれないけど、分配率とか分からない。

まぁ、ビットゼニーのマイニングでも、プールのオーナーから分配されていたので、それと同じくらいかと思うが。
あと、何をマイニングするのかも判明しない。

CPUを使うような話らしいけど、マイニングの種類によってはグラボの性能を必要とする可能性もある。

ゲームをリリースするのは株式会社スマイルメーカー

現在リリース中のゲームは以下のタイトルらしい。(やったこと無いので無知でごめん)
ロードオブワルキューレ2012年12月~

X-Overd(クロスオーバード) 2016年1月~

キルドヤ 2017年11月~

最近、ビットゼニーもマイニングしていないので、リリースされたら登録してみようと思っていますが、技術は面白くてもゲームが面白くなければ多分やらない。
もしくは、24時間接続しっぱなしでメリット有るシステムなら感心するかも。

さてさて、どんなクエストが用意されているかな~?

2246兆円分のビットコイン事件で浮かび上がったZaifのノミ行為?ブロックチェーンに接続していない可能性の出現・・・

2月16日に起こった事件。
ビットコインが0円で購入出来たために、資産2246兆円を超える日本円がアカウントに表示されたメンメン(麺屋銀次)さん。
本人も「有り得ないよね?」「真相が知りたい」と連日動画をアップしています。

ほんと、マジで真相が知りたい。
と言うのも、ビットコイン。「仮想通貨を信用できる物」と定義しているブロックチーェン技術ですが、人間の目には見えない。
仮想空間の中にあるので実体がありません。

ビットコインブロックチェーンの定義では、総発行量2100万ビットコインと決まっている。
しかも、その数字に達するのは2140年頃と予測されている。
にも関わらず、今回Zaifは20億ビットコインの売買を成立させてしまった。
本来なら、現在流通しているビットコインの相場において売買が成立してブロックチェーンに記録されるはずなのに、20億ビットコインの買い注文に対して20億ビットコインの売り注文が出現することがおかしい。

ここで疑問に思うのが、Zaifもとより、仮想通貨取引所は実際にブロックチェーンのシステムに接続していないのではないか?という疑い。
だって、買うことの出来ない数量なら、取引は成立しない訳ですから・・・

でも、Zaifは自社システムの中で、20億ビットコインの取引を成立させた。

これは、システムのバグではなく競馬のノミ行為と一緒じゃないかな?・・・
金融庁・財務局の立ち入りで、ブロックチェーンとの接続が確認できなかった場合、超弩級の大事件に発展すると予想できる。