「Z1-Smooth-C」タグアーカイブ

ジンバル使った動画を公開しました。

2016年8月12日に静岡県伊豆高原の大室山から伊豆急伊豆高原駅まで路線バスに乗りました。料金は370円。
今回は、3軸手持ちジンバル、ZHIYUN Z1-Smooth-Cを持って行ったのでスタビライザーの効果を見るためiPhone SEを使って動画撮影をしました。
動画サイズは93MB程度に小さくしたので多少荒れていますが、iPhone直の動画はなかなかきれいで満足しています。

BGMは著作権フリーBGM配布サイト、HURT RECORD様から4曲使用させていただきました。

おさんぽ:カモキング様
街道の神様:おメガネ様
ジェットコースター:e-mon:P様
出航:ちか様

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

Zhiyun Z1-Smooth-Cのキャリブレーションソフト(Calibration)

キャリブレーションとファームウェアのアップグレードについて、最新の記事を書き直しました。
Zhiyun Z1-Smooth-Cのキャリブレーションソフト(Calibration)がバージョンアップしていたので、ファームウェアも更新してみた。

購入したSmooth-C
マニュアルにはオフラインキャリブレーション(Off-line caliblation)較正して器具のバランスを取る手順がありますが、YOUTUBEでSmooth-c調べていた時にオンラインソフトでキャリブレーション出来ることを知っていました。

ので、パソコンでのキャリブレーションに挑戦。

まずは、ZhinyunのサイトにGO(URL長いのでリンクにします)

トップにあるサポートリンクをクリックするとダウンロードサイトに飛びます。

smooth01

私の環境はWINDOWS10なので、windouws用ソフトをダウンロード。
USB接続なので、念のためUSBドライバーを先に入手。
smooth02

Zhiyun driver USB (Windows 7 and above)

zipファイルを展開するとドライバーは64bit用と32bit用に分かれていますので、ご利用のマシンに対応したexeファイルをクリックしてインストールしてください。

ドライバーの準備が整ったら、Tools (Windows_v1.1.3)をクリックしてzipファイルを保存。展開してください。
smooth03

展開されたCalibrationソフトZhiyun Gimbal Tools v1.1.3を起動すると調整画面が開きますのでsmmth-cをUSB接続します。
smooth04

接続したら右上のドロップダウンリストからSmmth-cを選択(ⅠとⅡがありますが、同じです)

あとは電源を入れて画面の指示どおり1から6のステップでsmmth-cを動かせば調整完了です。