怪しいWEBサイトを調べてくれる調査サイト「aguse.jp」

サブで使っているフリーメールの迷惑メールフォルダーにこんなメールが来ていた。

【Vプリカ】のお知らせ‏

◆既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において 数千万件規模でID、パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により 流失したとの情報を確認いたしました。

◆本人確認のための認証メールを送信いたします。 メールを受信して、記載されているURLをクリックしてください。 :

※(URLは加工しました)ttp://vpcevssl.lifecard.co.jp/LW01/LW0102OP01BL.do

■発信元: ライフカード株式会社
※本メールは自動配信されています。ご返信いただいても対応いたしかねますので、ご了承ください。

ライフカード株式会社って普通の会社だよね?
でも、文面が怪しい・・・フィッシング詐欺じゃないの?って疑っちゃう。

そんな時、怪しいURLにアクセスしなくても調査してくれる便利サイトがあります。

aguse.jpウェブ調査というところ。

https://www.aguse.jp/

仕組みは簡単。

トップページの入力フォームに調べてほしいURLを入力して「調べる」ボタンをクリックするだけ。

なので、今回の怪しいURLを調べてみた。

life01

調査結果はすぐに出ます。

life02

■ マルウェアは検出されませんでした。

良かったよかった・・・って、別に接続しませんけどね。

サーバー証明書
発行者 コモンネーム SECOM Passport for Web EV 2.0 CA
組織名 SECOM Trust Systems CO.,LTD.
部門名
所在地 JP
取得者 コモンネーム vpcevssl.lifecard.co.jp
組織名 LIFECARD CO.,LTD./1.3.6.1.4.1.311.60.2.1.3=JP/businessCategory=Private Organization/serialNumber=020001086810
部門名 Information Technology Division
所在地 Minato-ku / Tokyo / JP
有効期間 2016/02/25 GMT – 2016/10/21 GMT

今回はちゃんとしたサイトでした。

lifecard.co.jp のドメイン情報
組織名
LIFECARD CO.,LTD.
ドメイン名
LIFECARD.CO.JP
組織種別
Company
登録担当者
YS17930JP
技術連絡担当者
SW164JP
ネームサーバ
ns.spin.ad.jp
ns.tokyo.spin.ad.jp
登録年月日
2011/07/08
最終更新日
2015/08/01 01:06:15 (JST)
接続年月日
2011/07/08

見える人って言うのはこのような事もあるのね・・

日曜の深夜、仕事場で立て続けに不思議現象が起こった。

棚の上に置いた小型の台車。
落ちて人に当たったら怪我をするので落ちない位置に置く決まりになっている。
ついでに、念のため手前にある段差に載せるので、奥に勾配するから自然にずり落ちることは無いはずなのに・・・

落ちました・・・
しかも大きな音がするくらい派手に。

自分は見えなかったけど、警備員さんが「落ちた!」って言うから、最初何を言ってるのかと思ったけど
現場に行って台車の落下が普通は起きない事だと判った。

落下した台車を置きっぱなしに出来ないから、拾って落ちそうもない場所に乗っけて片付けた。
その時は何も考えてなかったけど、マジで誰かに当たったら大怪我の元だから、再発防止はどうしたら良いか考えていると、考えれば考える程どうして落ちたのか判らなくて再発する事が想像できなかった。

ちなみに、その位置は唯一監視カメラの死角になっている位置で再生して確認することが出来ない・・・
なぜ死角なのか。
監視カメラは20台近く設置されているのに、レイアウトリニューアル時にそのカメラだけ取り外された不思議な場所。(謎だ・・・)

まあ、その後は仕事が忙しくて考え無しで惰性で仕事してたら不意打ちを喰らいました。

落下した台車より大きな台車は、専用の収納ラックに仕舞うんですが、作業の流れで不要になった台車をラックに戻している時、ラックに載せてあった台車の隙間から半透明の黒いフットボール状の塊がブワって腹に向かって飛んできた。
思わず持っていた台車をラックに放り投げて腰が引けてしまった。

しかし、だから何かあったかと言うと、何も無かった。

全く、ヤレヤレだぜ。

気軽に気楽に気兼ねなくみたいな感じです