アマゾンタイムセールで購入した1200ルーメンのLED懐中電灯が到着した。

近所にアマゾンの店頭受取出来るコンビニが出来たので、2回目の店頭受取してきた。
今回、欲しい物リストに入れておいた明るいLED懐中電灯がタイムセールになっていたので注文しました。
1,980円が1,680円になっていて300円お得だった。ラッキー。

以前、自転車用に買った200ルーメンのヘッドライトでも「明るいなぁ」と感じていたのに、1200ルーメンって、6倍ってどうなっちゃうの?
説明書では実質1000ルーメンっぽいけど、それでも5倍。5倍界王拳ですよ。

充電池と単4電池のホルダーが付いている2方式の電源。
あいにく単4電池が無かったので、充電池をフル充電して夜にテストしようと思う。


明るさテストをやってみた。
画像撮影したけど、人間の目とデジタル処理が違うので、全く同じに映らない。
ので、見た感じの感想。
200ルーメンの自転車ヘッドライト。


LEDが2個並列に付いていて、横広がりの照射で明るく感じる。色もきれい。
1200ルーメンのハンドライト。
5倍界王拳?ウソでしょ?ってくらい暗い・・・
が・・・照射範囲が広いので全体が照らし出される。
スポットにすると、遠方まで照らす。
照射された部分は非常に明るい。

ということで、ヘッドライトとハンドライトの違いは、明るさ、照射範囲、使用目的が異なるのでルーメンの比較だけでは優劣が付けられないというのが結論でした。
ちなみに、両方共買ってよかったと思う品でしたよ。