見える人って言うのはこのような事もあるのね・・

日曜の深夜、仕事場で立て続けに不思議現象が起こった。

棚の上に置いた小型の台車。
落ちて人に当たったら怪我をするので落ちない位置に置く決まりになっている。
ついでに、念のため手前にある段差に載せるので、奥に勾配するから自然にずり落ちることは無いはずなのに・・・

落ちました・・・
しかも大きな音がするくらい派手に。

自分は見えなかったけど、警備員さんが「落ちた!」って言うから、最初何を言ってるのかと思ったけど
現場に行って台車の落下が普通は起きない事だと判った。

落下した台車を置きっぱなしに出来ないから、拾って落ちそうもない場所に乗っけて片付けた。
その時は何も考えてなかったけど、マジで誰かに当たったら大怪我の元だから、再発防止はどうしたら良いか考えていると、考えれば考える程どうして落ちたのか判らなくて再発する事が想像できなかった。

ちなみに、その位置は唯一監視カメラの死角になっている位置で再生して確認することが出来ない・・・
なぜ死角なのか。
監視カメラは20台近く設置されているのに、レイアウトリニューアル時にそのカメラだけ取り外された不思議な場所。(謎だ・・・)

まあ、その後は仕事が忙しくて考え無しで惰性で仕事してたら不意打ちを喰らいました。

落下した台車より大きな台車は、専用の収納ラックに仕舞うんですが、作業の流れで不要になった台車をラックに戻している時、ラックに載せてあった台車の隙間から半透明の黒いフットボール状の塊がブワって腹に向かって飛んできた。
思わず持っていた台車をラックに放り投げて腰が引けてしまった。

しかし、だから何かあったかと言うと、何も無かった。

全く、ヤレヤレだぜ。

コメントを残す