Diskette drive 0 seek failureのPress F1 to continue, F2 to enter SETUPを変更する

内蔵ボタン電池を外して完全放電した後、パソコン起動時に
Diskette drive 0 seek failure
Press F1 to continue, F2 to enter SETUP
のメッセージが表示されてすぐにWindowsが起動しなくなった場合の直し方です。
DSC_0004

ここで、F1を押すとWindowsが起動しますが、F2を押してBIOSのセットアップ画面に移行します。
DSC_0006

矢印キーで「Standard CMOS Features」に移動して「Enter」を押すとドライブの選択画面になります。
さらに矢印キーで「Drive A」の1.44M,3.5 in.」を選択して「Enter」を押す
DSC_0009

Drive A の選択画面になったら矢印キーで None を選択すると[■]が移動します。
Enterを押すと前の画面に戻り、Drive A が「1.44M,3.5 in.」から「None」に変更されていればOK
DSC_0014

「Esc」キーを押してBIOSの初期画面に戻り、右カラムの「Save & Exit Setup」まで矢印キーで移動して「Enter」を押すと「Save to CMOS and EXIT (Y?N)? Y 」と表示されるので「Y」のを選択してEnterもしくは「F10」で保存終了。
DSC_0023

コメントを残す