「たこの吸い出し」と言う物の存在を初めて知る・・・

玉川上水緑道を歩いていると「たこの吸い出し」という看板が目についた。
世田谷区の笹塚で「たこ」とな?

猫に聞いても判らない

建物の裏手のようなので、表に回ってみたところ「町田製薬」と看板が掲げてある。
どうやら、薬品関係らしい。

その場では全くわからなかったので、帰ってからネットで調べた。
「たこの吸出し」発売開始年:1913(大正2)年。町田製薬株式会社。

町田製薬株式会社の創業者、町田新之助は明治19年に千葉県銚子市で7人兄弟の長男として生まれ、明治薬学専門学校(現・明治薬科大学)を卒業後、開業医の書生として奉公しました。大正2年27歳の時、現在の北区田端に「町田可陽堂」の商号にて製薬業と薬局を起こし、『たこの吸出し』を処方した時に始まります。書生として奉公するかたわら、患者の中に(特に女性)おでき等の「はれものを切開せずに治したい」という強い希望者が沢山いたため、何とか切らずに膿を排膿する方法はないかと考え『たこの吸出し』の誕生に至った訳です。

1913年から100年以上販売されているロングセラー薬品らしい・・・
肌にトラブルとか無かったから、全く関係ない世界だった。
詳しくは「日本家庭薬協会」のサイトに説明されていました。
薬の色は、タコの赤ではなく、スライムっぽいグリーンらしい・・・・

コメントを残す