「ペンタブレット」カテゴリーアーカイブ

板タブレット、液晶タブレット等の記事です

中古で買ったDell Optiplex7010を液晶タブレットを加えてトリプルディスプレイにした話

ヤフーショッピングで中古パソコンを買ってメモリ増設とかして液晶タブレットArtist 15.6のお絵かき用にしていたけど、Artist 22E Proを買ったので箱に入れてしまっていた。
しかし、パソコン二台で使い分けると両方起動状態にしていなくてはならず、けっこう面倒だった。

最近、電子書籍でモニター閲覧が多くなったのでOptiplexを3画面トリプルディスプレイにしてArtist 15.6も使おうと設定することにした。

背面のケーブル接続環境はグラフィックボードにDVIとHDMIの2つの出力。
Artist 22E Proに使っているパソコンのグラフィックボードは3系統有るので問題無いんでしょうが、Optiplex7010はスリムタイプだから3系統揃っていない。
で、本体オンボードのディスプレイポートが2個空いている。

ここにぶっさせばいいのか?と、つないでみたが無反応。
やっぱ、グラボが入っているとそっちが有効になるよね。という事で調べたらBIOSの設定でグラボとオンボードの併用ができるらしい。

F2でBIOSの設定を起動してセッティングを見る。

Videoの項目を展開するとMulti-Displayとあった。

Windows7以降のシステムならマルチディスプレイが可能との事なので、設定上部のEnable Multi-Displayのチェックボックスにチェックを入れた。

セーブして起動後、Artist 15.6をグラボに付けて残りのモニターをディスプレイポートに接続したら3画面になった。

Artist 22Eを使うまでもない下書きや写真加工にはちょうどよい環境になったのかもしれない。



XP-Penの22インチ 液晶ペンタブレット「Artist 22 E pro」を買った

現在使っていたXP pen Artist15.6をArtist 22 E proに変更した。

15.6の使用初期はペン先と画面のズレに違和感を持っていたが、使っているうちにコツを掴んだのでキャリブレーションをすることも殆どなくなった。

ま、コツと言っても「ペン先を見るのではなく、描画ポインタを見る」だけだった。
あとはズレが起きにくい画面の中央で描画する。そのためにキャンバスの移動や回転を面倒くさがらずに使う。
たったこれだけの事で良かった。

ただ、左利きゆえのショートカットキーが使えない問題。
それを解決したのはゲーミングマウス。

マウスにボタンが沢山付いているので頻繁に使うショートカットを登録しておけば右手にマウスを持ちながらでも作業が早くなる。

あと、CLIP STUDIO PAINTの機能で線を引くとか曲線を引く等使い方をソフトに頼ることでスピードが上がった。

そうなると、欲しくなる広域作業画面・・・・・

欲しい物リストにワンランク下のショートカットキーが付いていないArtist 22を登録していたらArtist 22 E proがタイムセールで15%引き。さらに10%の割引適用で超安くなっていたので買ってしまった。

15.6の液タブはしばらく箱に戻ってもらい、22を使ってお絵かきなどしてみたいと思う。