無料で使えた「Adobe Acrobat 8 Professional」のe-Licenseが承認できない。だが使える件


Adobeのサーバー承認が廃止されて無料で使えるようになっていた「Adobe Acrobat 8 Professional」
Cドライブに溜まったクズファイルやソフトなどで不安定になったWindows10をクリーンインストールで再構築していると、最後の最後で「Adobe Acrobat 8 Professional」がシリアルコードを入れてもe-Licenceで弾かれて使えなくなった。

まぁ、スキャナーソフトのpdf作成でも良かったので、簡単に諦めてアンインストールしたのですが、フォーマット前の旧Cドライブにある「Acrobat 8フォルダー」を移植したりして検証したけどだめでした。

だが!

ググったらまだまだ使えることが発覚。

・流れとしては「Acrobat 8」を完全アンインストール(普通にプログラムファイルからアンインストール)
・現在使っているシリアルナンバーを新しい番号に更新(同じだった)
新番号用の「Acrobat 8 Professional」をダウンロード(日本語Windows版)←ココが大事だった

デスクトップに解凍するなりして「Setup」でインストーラーを起動したらCドライブにインストールされた。

自炊本のpdf化に役立ってもらおうと思います。