「ワードプレス」タグアーカイブ

CORESERVER(コアサーバー)・・・なんか思ったほど良くないんだが・・・・

9月にドメインキングから乗り換えたCORESERVER(コアサーバー)。
安くて高性能サーバーと判断したのでドメイン切り替えとともに最安値の月額198円プランを契約中なのだが、最近サーバーエラーが多い。

内部サーバーエラー
サーバーで内部エラーまたは構成ミスが発生し、要求を完了できませんでした。
このエラーが発生した時刻と、このエラーの直前に実行した操作を通知するには、サーバー管理者のinfo@coreserver.jpまでご連絡ください。
このエラーの詳細については、サーバーのエラーログを参照してください。

体感的にも画像のアップロードが遅いんだよね。
ドメインキングの時は、ワードプレスのイメージアップロードもドラック&ドロップで瞬時だったんだけど、CORESERVER(コアサーバー)は数秒かかる。
しかも、容量数十キロバイトの画像でさえ数秒かかることがある・・・

大丈夫か?ということで、試しにサポートにチャットで聞いてみたら「障害は発生していない」「状況が発生した情報を技術サポートに送ってほしい」との返答。
まぁ、そうだよね。チャットで判断できないものね。

これからしばらくはデータを集めないとだめなんだ。

怪しい部分としては、同じサーバーに新しいドメインで2個めのワードプレスを可動させていること。
しかし、そんな事でサーバーが重くなるとも考えられないのでどうにも納得がいかないんだなぁ・・・・

と、この記事を書いていたら接続エラー「接続が切断されました。再接続するまで保存を中断します。念のため、お使いのブラウザー上でこの投稿をバックアップしています。」

やばいよ。やっぱ「安かろう悪かろう」なんだろうか・・・

ワードプレスの次期編集画面Gutenberg(グーテンベルク)を使ってみた。

今後ワードプレスの標準編集画面となるGutenberg(グーテンベルク)がプラグインとして利用出来るようになったのでインストールしてみた。

案内文では、次期メジャーリリースから正式なエディターとなるそうで、今から使っておくのが良いのかなと思います。

有効化したら、なんか壮大な説明ページが出てきた。

もともと装飾した文面を作っているわけでは無いので、テキスト編集で問題ないのですが、ブロック編集と言うカタチがどの程度便利になるのかしばらく使ってみたいと思います。

画面をクリックすると、テキストの編集がスタート。

画像のアップロードも早くてドラッグ・アンド・ドロップをすると、今まではメデイアのページへのアップッロードから選択して画像挿入していた作業が無くなり、そのまま編集が継続できます。

で、文章や画像を一つのブロックとして扱うので、エンターで改行すると段落となってその部分に装飾や加工をすることが簡単になりました。

HTML、プレーンテキストで編集する場合はブロック右のメニューから「HTMLとして編集」を選択するようです。