• カテゴリー別アーカイブ アプリ
  • スマホアプリに関する記事を含みます。

  • 動画編集ソフトを乗り換えました「PowerDirector」→「VEGAS Movie Studio 16 Suite」

    サイバーリンクのPowerDirector・・・
    使いやすかったんですが、自分の環境ではなぜかYouTubeへの接続がいつも失敗していたので動画ファイル書き出ししてからアップロードしていました。
    しかも、バージョンが古いから15分以上ダメだったりとか古すぎやろ!って感じです。

    サスガにもうダメやなぁと、新しいソフト探していたらVEGAS Movie Studio 15が安くておまけもいっぱい付いているのを発見。

    「いいね~購入しよう」としたら、ビックカメラで6月9日発売のバージョン16が予約受付していた。

    6月かぁ残念!と他のソフトも調べていたらソースネクストでバージョン16がダウンロード販売されている。
    しかも30%値引き。
    これで良いかなと、ダウンロード版を購入しました。

    おまけは4種+エフェクト集だった

    メディアへのオーサリングソフトと作曲ソフト&音声ソフト。
    作曲ソフトはループ音源でBGM作りに役立つそうです。(やるか出来るかは別問題)

    機能説明のメーカー動画
    [embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=V9tQgiCaVxc[/embedyt]

    で・・・先日購入したiPhoneの動画撮影アプリ「FiLMiC Pro(1,800円)」の動画編集をしているのです。

    FiLMiC Proはすげーソフトらしいけど、撮影する状況が他愛も無い場合は標準の「動画」でいいよね。

    ちなみに、ジンバルも新調してZhiyunのSmooth-CからSmooth-4にしました。


  • Wikipediaに初めて寄付をしてみた!

    いつも利用させていただいてます・・・
    Wikipedia

    今回、記事を書くことになって練習ページを使ってみた。
    先に英文のページを作る事になっていて、どうやるのか分からないからsandboxというところに英文を貼り付けてみた。

    なんか変・・・

    ヘルプを参照して「編集」画面を見たりなんとなく形が整ったところで「ユーザーページ状態」で公開した。
    で、検索してみたけど何も出ないので「どうするのかなぁ?」と思っていたらメッセージ欄に何か表示されている。
    「こちらは日本語版だから英語は英語版のwikiに書いてね」みたいな事が・・・

    言語設定で「英語」と「日本語」があったから「英語」に切り替えて使ったけどダメらしい。
    英語版のURLは「https://en.wikipedia.org」で、日本語版は「https://ja.wikipedia.org」となっていた。

    というわけで、英語版の練習ページに行って整形済みのテキストを貼り付けて公開してみたけどユーザーページから出ない。
    しかも、日本語版の練習ページは自動で一部が翻訳されていてなんか変・・・

    sandboxという練習ページは毎0時に削除されるらしいのでクリアされたらまた編集してみようと思う。

    で、寄付寄付と毎回表示されていながら無視していたけど、初めて1000円ほど寄付させていただきました。

    PeyPal使ったので、クレカ情報とかは大丈夫だと思う。


  • ThunderbirdでiCloudメールを受信したい人が読むページ「パスワードが間違っていませんか?」

    デスクトップPCで作業中にiPhoneメールが届いた。
    アドレスは「icloud.com」宛

    iCloudのウェブメールで読めばいいだけなんですが、自分はドメインメールもフリーメールもサンダーバード(Thunderbird)一元管理しているので、なんとなく(iCloudメールも登録しておこう)と、普通にメールの新規追加をしてみたところ・・・

    「パスワードが間違っていませんか?」でつまづいた。

    一般的なメールアドレスの登録同様、サンダーバードの「新しいアカウントを作成する」から「メール」を選んでiCloudメールを登録した。

    (作業再現上、架空のメアドです)

    手動設定で設定画面を開いた。

    受信サーバーは「IMAP」「imap.mail.me.com」ポートは「993」SSLは「SSL/TLS」
    送信サーバーは「SMTP」「smtp.mail.me.com」ポートは「587」SSLは「STATTLS」
    これで完了をクリックするとエラーになる。(作業再現上、架空のメアドなのでユーザー名またはパスワードが無効ですになっています)

    iPhoneで使っているiCloud用のパスワードが通らないので調べてみるとアップル以外のアプリについてはiCloudの「2ファクタ認証」のパスワードを使用するらしい。

    ということで、iCloudからパスワードを取りに行くことにした。
    「アカウントの詳細」をクリック

    「Appl IDの管理」

    iCloudのサイトが開く

    メールアドレス、パスワードでログイン

    これが「2ファクタ認証」
    iCloudのアドレスに6桁の数字が送信される

    ログイン出来たら「セキュリティ」の項目までスクロールすると「App用パスワード」「パスワードを生成」メニューが見つかる

    発行されるパスワードとアプリを紐付けするために名前をつける

    とりあえず、自分でわかりやすい名前を付けて「作成」をクリック

    アプリ用のパスワードが発行された

    iCloudのアドレスに通知メールが送信される

    これで、サンダーバードのメール送受信パスワードが作成されたので入力欄にコピペして作業完了。
    この「2ファクタ認証」は、アンドロイドスマホメーラーでiCloudメールの送受信する場合も同じように作成すれば利用可能になる。