• タグ別アーカイブ: 心霊動画
  • 誰も乗っていないのにゆれるブランコの動画を撮影した

    以前、テレ東の心霊番組で紹介された「ひとりでに動くブランコ」

    心霊動画「ひとりでに動くブランコ」のロケ地で撮影してきた件

    去年の暮に近くの公園であると気がついてから気にしていたのですが、ついに!
    ひとりでに動くブランコを撮影しました。

    まずは、元の動画。

    そして、真っ昼間に揺れているブランコの動画がこれです。

    自分が撮影してから7分以上揺れていたので、撮影する前を考えると10分以上揺れていたと思います。
    最後は揺れが収まってきそうだったので、手で触れて止めてみました。


  • 心霊スポットでケンカトラブル「青梅の“心霊スポット巡り”で暴行 少年6人を逮捕」で感じる、心霊ディレクターの言っていた【昨今のコンプライアンスの影響で絶滅の危機にある企画】

    東京都青梅市にある心霊スポットと噂されている吹上トンネルでケンカトラブル。

    心霊スポット巡りで傷害事件とか・・・自慢できない武勇伝です。

    トンネル探索中に、バイクで通行した男性に手を振られて「バカにされていると思った」としてぶっ飛ばすとか・・・
    いや、逆に霊に取り憑かれたのか?!って、んな訳無い。

    2018年8月にスカパーで放送された、千原ジュニアMCの「ダラケ」で『心霊映像ディレクター』ダラケの中、心霊スポットへの無断・不法侵入が出来なくなるコンプライアンス遵守の話をしていたので、確かにそのとおりやなぁ~と思う。

    過去、心霊写真は何気なく撮影した写真の中に不可解な現象が写り込んでいるのが怖かった。
    ビデオカメラが普及して、日常の何気ないシーンに映り込む不気味な現象が怖かった。
    スマホが普及して、誰でも日常の動画を保存出来るようになって、そこに映り込む不可解な映像に驚くようになった。
    心霊動画がエンターテイメントのコンテンツとなって、怖くなくても怖い疑似体験を求めるようになった。
    水泳授業の時、最初に水に入った瞬間は冷たいと感じるけど、慣れてくると冷たさが薄れて、なんかひんやりして冷たいわけじゃないよね?と思い始める。
    恐怖も同じで、最初の頃は、ちょっとした不明瞭な人影でもゾッとしたけど、慣れてくるとホントに霊なの?合成じゃね?と疑うようになる。

    自分的には、不法侵入なんか社会的に怖くてできないので、せいぜい外から見るぐらい。それでも建物系には行かないと思う。
    無難に公園とか、夜でもお参りできる墓地とか。公道に準ずる場所までが心霊探索の範囲だと思う。

    まぁ、願わくばと、日常を切り取った写真やビデオ映像の中に不可解なものが映り込む偶然を期待して撮影しているんですけどね。


  • 「心霊動画」が撮影された場所「城南島海浜公園」へロケに行った話

    以前見つけたYou Tubeの心霊動画。
    この動画の5分50秒から始まる海辺シーン

    気になっていたんですが、今日、大森駅に行く用事が出来たので京急バスに乗って城南島海浜公園へ写真撮影に行ってきました。
    大森駅東口の京急バス7番乗り場「森32系統(城南島循環)「城南島四丁目停留所」下車 徒歩3分」
    往路は運良く1時間に1本と言う13:30発の城南島循環に乗車出来た。
    30分で到着。

    売店も営業中。

    明日が祭日なので、キャンプに来ている人もいました。

    台風の影響だったのか、羽田空港に近い護岸が壊れて立入禁止になっていた。

    でかい船が間近を通過。

    猫は日向で溶けていた。

    頭上を通過する飛行機を撮影。20倍コンデジでもこれくらい撮れる。


    ついでなので、iPhoneのタイムラプスで撮影してみた。

    JOBYのフレキシブル三脚(超便利!)を手すりの柱に乗っけて撮影。

    WX350でも手持ち動画撮影。

    と、寄り道しながら心霊動画が撮影された奥地へと向かうことにした。
    いつも人がいる釣り岸壁。

    釣れているところは見たこと無い。

    近くで見ると岸壁の砦のような「臨海トンネル城南島側換気所」

    まさに、砦の門のような鉄の扉。

    そして見えてきた心霊動画が撮影された城南島奥地。

    動画が撮られた現場あたりに立ってみる。

    「誰かいる」と言われた方向には中央防波堤「ゴミ埋立地」が見えていた。

    周囲はベンチと海に突き出した工業建造物。

    あと、のんびりカモメ。

    杭の周りとか、クロダイが釣れそう。

    換気所方面も撮影してみる。

    波に打ち寄せられるゴミの山。

    ここでもタイムラプス撮影してみた。
    ほんと、この三脚便利!

    心霊動画と似たような角度でコンデジ動画撮影。

    と、なんとなく思いつきで撮影してきましたが・・・
    結局は散歩撮影となってしまいました。

    公園敷地内にあるカッコイイ建物。

    日が傾いてきたので撤収です。
    さよなら城南島海浜公園。

    ちなみに、帰りの循環バスは夕方のラッシュで大森駅まで1時間ぐらいかかった・・・・