「iCllud」タグアーカイブ

The phenomenon that the drive is pressed at the giga unit temporary file tmpm – 0x0000000000000001 occurring in MMCS in CloudKit ‘s iCloud Photos has been solved.

[bogo]
Today as well, after starting up the PC and using it for a while, I thought that “Ah, a huge temp file is being generated again” and confirmed the folder where the problem occurred.

It is done …
Moreover, every few minutes.

I thought this was bad.
I have searched for “tmpm – 0x0000000000000001” with google.
Then, the solution method was explained to the overseas WEB site.
I was relieved to find it easily unexpectedly.

The solution was simple.

Start the iCloud application installed on my computer.
Since there is “photo” in the menu, just uncheck the sync checkbox.

This no longer creates useless temporary files in MMCS.
It feels good at an early resolution.

CloudKitのiCloud PhotosにあるMMCSに発生するギガ単位一時ファイルtmpm-0x0000000000000001でドライブが圧迫される件が解決した。

[bogo]
今日もパソコン起動して、しばらく経ってから「あ、あのデカイ一時ファイルどうなったかな?」と問題発生しているフォルダーを見たら・・・

出来ている・・・
しかも、数分おきに。

これはまずいと、一時ファイル名「tmpm-0x0000000000000001」で検索したら、海外のサイトに解決方法が有った。
意外と簡単に見つかってホッとした。

解決方法は簡単だった。

パソコンにインストールしてあるiCloudアプリを起動する。
そのメニュー中に「写真」があるので、同期のチェックボックスをオフにするだけ。

これでMMCS内に無駄な一時ファイルが作成されなくなった。
早期解決で気持ちいい。